サラリーマン副業では起業はできない

2016.09.27 (火)

サラリーマンをしながら副業しています。パラレルキャリアをやっています。週末起業をしています。スーパーサラリーマンを目指しています・・・こんな話をきくことがあります。そういう人が起業という言葉を使うことがあります。これははっきり言ってナンセンスです。起業は自分で仕事を創り出すこと。それ一本で生きていくと決めることだからです。

 

先日参加したセミナーでこんな出来事がありました。参加者の自己紹介の時間がありました。その場には会社員をしながら副業をしている人が複数いました。その中の一人がこんな自己紹介をしました。「Aという会社で執行役員をやってます。起業しようと思ったんですが、切り出すと会社から辞めないでと引き留められたので、好きにやらせてもらうのを条件に堂々と副業をやってます。今の悩みは仕事が来すぎて困っていることです・・・」これに加えて長々と今自分がやっていることを説明していました。

 

正直、不快以外の何者でもありませんでした。そもそも30秒で自己紹介してくださいと主催者が言っているのに平気で3分以上やっていました。この時点でアウトです。今自分が置かれた状況をわかっていません。仕事はたくさん来ているのかもしれませんが、よくもそれで仕事ができるなあという感じです。こんな人が起業という言葉を使うこと自体おかしな話です。起業をなめています。起業の意味もわかっていません。

 

この人以外でサラリーマン副業の人の共通点は、まず自分の話が長いこと。今自分が置かれた状況がわかっていないこと。独りよがりなこと。周囲のことを気にかけないこと。話の内容がセミナーに参加しまくった知識ばかりで頭でっかちなこと。ノウハウコレクターっぽいこと。でも起業となると不安と言っていること。なかなか辞める決心がつかないという話・・・といった感じ。

 

サラリーマンで副業志向の人にはこんな思考パターンの場合がよくあります。副業しようがしまいがそれはその人の価値観なので好きにしてもらえばいいです。でもそんな状態で起業という言葉を語ってもらいたくありません。ずっと副業志向の人に起業はできません。起業するには「腹決め」が要ります。「腹決め」ができていない人は本当の意味での起業はできません。

 

起業を目指すのならサラリーマン時代に実践する活動は一見副業というだけのこと。あくまでゴールは一本立ちして自分で仕事を創り出すこと。揺るぎない軸です。

 
起業モヤモヤを解決!無料音声ガイドはこちら ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: サラリーマン副業では起業はできない

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP