起業するなら下請けはやめよう~フリーランスでなくフリーエージェント

2016.07.01 (金)

世の中にはフリーランスという働き方があります。例えば出版社があったとします。そこには何種類かのフリーランスが仕事として入っています。カメラマンやライターといった人たちです。彼らは出版社からの発注にもとづき仕事をします。ある意味、下請けです。

 

仕事を発注する側が不況になると仕事は一気になくなります。それだけを頼りに生活していると仕事はなくなります。最悪の場合、廃業に追い込まれてしまいます。現実にそういうフリーランスの人がたくさんいると聞きます。

 

こんなふうにフリーランスで下請けをやっていると、日々お金のためだけに仕事をすることになります。「独立して自由になったけど、サラリーマンやっているときとあまり変わらない。むしろサラリーマンの方が給料もらえるからラクかも・・・」こんなふうに思うようになったら本末転倒です。なりたくないですよね?

 

起業とは「自分で仕事を創り出すこと」です。単なるカメラマンやライターではありません。カメラマンやライターは世の中に星の数ほどいます。そもそもそれだけで食べていくのは至難の技です。写真撮影を通じてこんな価値を提供できる、ライターという技術でこんな人をこうできる、「◯◯の専門家」にならないといけません。これがフリーエージェントという働き方です。

 

もう一つ絶対知っておいてほしいことがあります。それはたのしく仕事をするということ。人に指示を受けてやる仕事なんてたのしいはずがありません。こんなことをやってみよう!あんなことがあったらいいな!やりたくてしょうがない!いてもたってもいられない!それを形にできるのが起業です。自分で仕事をつくることの醍醐味がここにあります。

 

起業してすぐの頃は食べていくのに必死です。だから仕事も来るもの拒まずになります。それはそれでOKです。でも数年経ってそこそこビジネスがまわるようになったら下請けはやめましょう。自分がたのしく仕事をするために起業するんです。根っこのところですよね。

 

起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するなら下請けはやめよう~フリーランスでなくフリーエージェント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP