起業して営業・・・何からはじめたらいいの?

2015.10.22 (木)

起業したら営業しないといけない。営業経験なんてないし、何からはじめたらいいの?

こんな不安もありますよね?
じゃあ何からはじめたらいいと思いますか?

 

営業スキルを磨く、コミュニケーション力を上げる、プレゼンで説得力をつける・・・
そんな感じのことが頭に浮かびますよね?

実はもっとシンプルで大切なことがあります。

 

【自分がしてもらったらうれしいことをする】
【自分がされたらイヤなことは絶対しない】

 

この2つです。
営業は人と人とのやりとりです。
行き着くところはお客さまとの信頼関係です。
商品、サービスの説明以前の重要な基盤になります。

 

このことを実感する出来事がありました。
先日知り合いのとあるセミナーに参加しました。
その受付と帰り際でのやりとりです。

 

受付で参加費を支払いました。参加費は3000円です。
到着時間がぎりぎりだったので手持ちの千円札がありませんでした。
そこでやむなく1万円札を出しました。
「1万円ですか・・・ちょっとお待ちくださいね」
事務局の人は、少し慌てながらも奥に行ってお釣りを用意してくれました。

 

僕は通常セミナーやイベント主催者になることが多い立場です。
受付で大きなお金しか持ってない人がいたら、内心「ちゃんと用意してきてほしいな」と思ってしまいます。
今日は自分がそのイヤなことをやってしまいました。
あとになって猛省です。

 

次にセミナー終了後の帰り際でのやりとり。
僕がアンケートを主催者に渡しました。すると主催者は、
「今日は栃木だったんですよね。お疲れで大変なところわざわざありがとうございました」
と声を掛けてくれました。

 

その人は早朝から1日研修講師。
正直、結構からだは疲れていたときだけにとてもうれしいひと言でした。
なぜそんなことが言えるんでしょうか?
それは僕のフェイスブックの直近の投稿をチェックしてくれているから。
この人はセミナー参加者のフェイスブックをすべてチェックしているのではないかと推測します。
そして来てくれた人一人ひとりにこんな声掛けをしているのだと思います。

 

とてもささいなことかもしれません。
でもこの「ちょっとした気配り」が相手の心をぐっとつかみます。
小さな積み上げがやがて誰も追いつくことができない大きな信頼感になっていきます。
これぞまさに営業の極意。
わかっているけどなかなかできない、それができる主催者には感動しました。

 

【自分がしてもらったらうれしいことをする】
【自分がされたらイヤなことは絶対しない】

 

一見当たり前のことかもしれません。
でも普段からそれができたらこんなにすごいことはありません。
この出来事をきっかけに手帳に書いて毎日1回見ることにしました。

 

ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業して営業・・・何からはじめたらいいの?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP