起業がうまくいかない理由~起業1年目のどん底から学んだこと

2015.05.15 (金)

独立起業してからやってはいけないことの最たるものとして、
起業後に自分の方向性を模索するということがあります。

どういうことなのか?
こちらのコメントを一読してみてください。

 

——————————————
起業して1年目の頃、三宅さんは会うたびに違うことを言ってました。
こんな新しいことをやりたい!と。
名刺も毎回コロコロ変わってましたね。
いろんな方向性を模索していたんだと思いますが、
名刺が変わるということは方向性が定まっていないということですよね。
最初の頃、こんなふうに言ってたのに何で脱線するの?
それでご飯が食べていけるようになるまで大変だよなあ・・・と。
そんなきびしい中にありながら時々10万円単位のセミナーも受けたり。
今だから言える話ですが、正直大丈夫なのかなあ??と感じてました(苦笑)
——————————————

 

僕のことを公私ともに誰よりも知る友人が先日こんな話をしてくれました。
今からさかのぼること6年前の話です。
改めて聴いてなるほど・・・と再認識しました。

 

僕は40代以降サラリーマンとしてアップダウンの人生を送りました。
パワハラ、転職、倒産、失業、再就職、仕事を干される・・・
精神的に追い込まれて会社を辞めざるをえませんでした。
46歳のときです。

 

「辞めてからはじめれば何とかなるだろう」
追い込まれて見切り発車。
毎日が自由な時間。
好奇心だけは人一倍旺盛。
そんなことも手伝って友人のコメントのような状態だったわけです。

 

毎日のように減っていく貯金残高。
お金がないので外食は極力減らす。
たまに家族とファミレスに行っても自分は最安のメニューを頼む。
マクドでもポテトを頼むか否かを悩むような日々。
そんな1年の結果はなんと年収200万円台!
明細を見たときの衝撃とショックは今でも忘れることができません。

 

「起業した後に方向性を模索しないこと」
「起業準備中に自分の軸をしっかりと決めること」
「起業前に自分の専門分野を明確にすること」
起業1年目のどん底から心に刻み込まれた教訓です。

 

方向性の模索、行動の試行錯誤は起業前にできることをすべてやり切ります。
そうすれば起業の失敗リスクは半減します。
体験から起業の失敗リスクを減らすにはどうしたらいいかを知り尽くしています。

天職塾ではこの考えと失敗経験からつくりあげた実践プログラムで
起業準備をしっかりサポートすることを大切にしています。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業がうまくいかない理由~起業1年目のどん底から学んだこと

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP