脱サラと起業はどう違う?

2016.04.17 (日)

少し前まで脱サラという言葉がありました。今ではほとんど使われなくなった感じがします。ネットで調べると脱サラとは「サラリーマン暮らしをやめ、自分(たち)で事業をする生活に移ること」という意味があるようです。細かい話ですが「生活に移る」という表現が気になるところです。

 

「脱サラしてラーメン屋になった」こんな記事を見かけます。脱サラという言葉には少しネガティブなイメージがあります。今の会社がいやなので逃げ出した・・・そんな感じが垣間見えます。もしかしたら悲壮感も漂います。「生活に移る」という表現がそれを表しているように思います。成り行きでそうなったみたいです。自らが事を進めた感じがしません。成り行きの先に未来はありません。

 

僕たちは脱サラではなく起業を目指したいものです。起業とは読んで字のごとく「業を起こすこと」つまり「自分で仕事をつくりだすこと」です。自分で人生をコントロールしていくのが起業です。逃げ出しただけで独立はうまくいきません。日々前進する力がすべての源です。前進する力は自分の未来を切り拓いていきたいという想いです。

 

もちろん最初の動機は今の仕事がいやでということで構いません。「自分はこんな世の中をつくっていきたい!」そんな志なんてなくてもぜんぜん大丈夫です。志をもって起業する人なんてほんの一握りですから。でもいつまでもいやだいやだのネガティブな感情を引っ張ってはいけません。そもそもサラリーマン生活を抜け出したいという気持ちだけなら起業はおすすめできません。

 

脱サラしたいなあ・・・そう思っていたら、「自分が起業したい!」に言い方を改めてみてください。単なる言葉の違いのようですが、実は日々発する言葉が感情をつくり行動を促します。起業して自分が人生をコントロールしていくんだ!そんなワクワク感で毎日をつくっていきましょう。

 

起業モヤモヤ相談無料ラジオはこちらから ≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 脱サラと起業はどう違う?

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP