起業するモチベーションはダメ出しでは生まれない

2017.03.06 (月)

メンバーさんへのコンサルの場でたまに言われることがある。「ダメ出しをちゃんとしないとその人のためにならないんじゃないですか?」こんな質問を受けることがある。たしかに起業は甘い世界ではない。その考え方だと進め方に問題があるときはフィードバックする。ただ「ダメ出し」はしない。「もっとこうした方がいい」と伝える。ここにはこだわりがある。

 

アカデミーではグループワークをやるとき「Good&More」方式がベースになっている。「Good」は話を聴いて良いと思ったこと。「More」はもう少しこうすればさらに良くなるということという意味だ。GoodとMoreの両面から相手にフィードバックをしてあげよう。大切にしている型だ。

 

Goodは良いと思ったことを素直に口に出して伝えてあげる。日常生活でこれができないケースが多い。特に家族や身近な存在になればなるほどそうなりがちだ。「わかっているから言わなくてもいい」「わざわざ言うのは気恥ずかしい」そんな気持ちだからだろう。

 

でもそうではないと思う。相手に対する気持ちは口に出して言うことで初めて伝わる。口に出さないとわからない。だから素直に言おうということにしている。相手をほめようと言っているのではない。ほめようとしたらそこに意識がいってしまう。無理してほめようとしても意味がない。素直に伝えた結果がほめたことになればそれでいいという感じだ。

 

Moreは自分事で考えてもっとこうしてみたら良くなるのでは?と伝えることだ。MoreはGoodの後に伝える。相手を認めてあげることが先に必要。認めてあげた前提で「もっとこうしたら・・・」と言ってあげる。人は相手に認めてもらいたい存在。認めてもらって初めて次があると思っている。だからこの順序が重要だ。

 

さらにここで大事にしていることは「Bad」は言わないこと。いわゆる「ダメ出し」だ。ダメ出しの先にあるのは否定。否定の中から生まれてくるものはない。NGを出すのは簡単。そうじゃないと思うのなら、例えばこんな方法があるんじゃないかと自分なりに考えてヒントを出してあげることだ。最終的に相手がその気になって動かない限り起業は前に進まない。

 

その人の中にある良いものを徹底して引き出すこと。そしてさらに良くなるためにはどうしたらいいかを「自分事」として考えてあげること。このまま進んだらまずいというときは「言いにくいことにも一歩踏み込んで」伝えてあげること。この3つで相手と接する。大切にしている姿勢だ。

 
ダメ出ししない場づくり体験≫ target=”_blank”

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するモチベーションはダメ出しでは生まれない

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP