起業ネタが見つからないときは、自分のコンプレックスを挙げてみよう

2016.03.15 (火)

好きなことが見つからない。やりたいことが見つからない。何で起業したらいいかわからない・・・こんなことで行き詰ってしまう人もいます。そんなときは「自分のコンプレックス」からビジネスを考えてみましょう。

 

コンプレックスは長年抱える悩みです。解決したい、解決したいと思いながらなかなか出口が見えずに困ってきたことです。つまり悩みの根っこがわかるものです。ビジネスは基本、相手の悩みを解決して対価を得るものです。その時、相手の気持ちがちゃんと理解できるか否かはとても重要です。コンプレックスとはそういうものです。

 

天職塾フリーエージェントアカデミーでもコンプレックスをビジネスに変えた人が多数います。自分があがり症で話すのが苦手だったら、人前で話すことを救う事業を始めた人。お子さんが食物アレルギーで悩んでいたから食物アレルギー対策の事業を始めた人。こんな人たちです。

 

肌荒れに悩んでいたから美容事業を始めた、営業で最下位人生だったので営業コンサルを始めた。人見知りで引っ込み思案だったのでコミュニケーション塾を始めた・・・世の中を見渡してもたくさんの事例がありますね。TV番組で人気のしくじり先生などもその典型例です。

 

コンプレックスはずっと自分が悩んできたことなので、同じ思いで周囲で悩んでいる人も何とかしてあげたいという気持ちが湧き出るものでもあります。これが事業をはじめるときに重要な「想い」ひいては「志」「使命感」にも変わっていきます。

 

僕もサラリーマン時代、1年間にわたり上司の強烈パワハラを受けてきました。八方ふさがりになりました。最後は自殺も考えました。だからパワハラを受けている人の気持ちは誰よりもわかります。苦しい状況からどうやって抜け出していくかを伝えていきたい気持ちが人一倍強いです。そしてその思いを事業に生かしています。

 

自分がこれまでに恥ずかしいと思ったこと、自分に自信がないこと、耳をふさぎたいことを挙げてみてください。その裏返しがビジネスになります。コンプレックスは内に秘めたらネガティブになります。でも世のため人のためにと表に出せばポジティブに変わります。劣等感は起業しようというエネルギーに変えてみましょう。それがわくわくになっていきます。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタが見つからないときは、自分のコンプレックスを挙げてみよう

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP