個人で起業するにはコミュニティづくりが大切

2016.01.21 (木)

個人で起業するとき事業を安定させるのにあったらいいもの、それがコミュニティです。商品を買ってもらう、セミナーに参加してもらう。すべてとてもありがたいことです。でもその場その場で終わってしまうとビジネスは先細りになってしまいます。リピートしてもらってはじめてビジネスは安定します。

 

じゃあどうしたらいいのでしょうか?それはお客さまづくりのゴールをコミュニティにすることに置くことです。平たく言うとあなたを中心としたファンクラブをつくっていくことです。

 

コミュニティをつくるといろんなメリットが出ます。集まった人から困り事をヒアリングすることで新しい商品のネタも見つかります。何よりメンバーが口コミ紹介をしてくれます。コミュニティをつくると売上が安定します。

 

ここで起業前からできるコミュニティのつくり方ノウハウをお伝えします。あなたがやりたいことが決まったら、まずコミュニティを起ち上げます。今はフェイスブックという便利なツールがあります。フェイスブックのグループ機能を使えば簡単にコミュニティの器をつくることができます。

 

次に同じ志向、思いのある仲間へ自分から発信して招き入れていきます。このとき最初にあなたをサポートしてくれるコアメンバーをつくることがコツです。コミュニティを育てるためには、メンバーが集まってきたら自分中心でまわさず、みんなを主役にすることです。コミュニティーメンバーが協力者になってくれるとともに、メンバーのバックグラウンドにいる人も強力な協力者になります。

 

フェイスブックができるまでは、メーリングリストなどを使っていました。これだと管理人からの一方通行なのでなかなか交流が生まれにくいものでした。フェイスブックのグループ機能にはコメントがあります。コメントがあることで双方向になります。参加者から自然なコメントを引き出せるようになったら、コミュニティは盛り上がっていきます。

 

やりたいことを常に脳(あたま)に思い続けると、無意識のうちに脳と足が動いていて思いもよらぬ出会いから協力者が生まれます。起業前にコミュニティをつくっておくことができたら、ゼロからの開業ではなく、プラスでスタートを迎えることができます。

 

あなたが自分事として相手の気持ちがわかる人を集めてコミュニティをつくっていきましょう。起業家コミュニティなど自分が参加者として体験をしてみるのも一手です。そうすればコミュニティに何が必要かがわかります。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 個人で起業するにはコミュニティづくりが大切

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP