起業するにはブログでなくコラムを書こう

2017.02.20 (月)

起業したらインターネットで情報発信していくことが必須だ。何で情報発信していくのだろう?そこで真っ先に浮かぶのがブログではないだろうか?たしかにブログを使った情報発信は重要だ。アカデミーでは、ブログじゃないコラムを書こうと伝えている。今回はその理由について共有したい。

 

ブログを書くというとどんなイメージが湧くだろうか?個人が自分の趣味や出来事を日々発信するようなもの。そんな感じではないだろうか?もしくはアクセスを集めてそこから収入を得ていくような感じのもの。アフィリエイトとかそういう世界で取り沙汰される話題だ。

 

取り組んでほしいのは「専門家コラム」だ。起業家は専門家になること。専門家としてユーザーに役立つ情報を日々発信することという意味だ。こんな事例がある。メンバーの一人が大手メディアから取材オファーをもらった。日々書いている「専門家コラム」がきっかけだ。「専門家コラムを書いていらっしゃるので目に止まりました。そして記事を読むと専門性が高い内容でした・・・」メディア担当者はオファーした理由をこう言ったそうだ。

 

メンバーは「専門家コラム」というタイトルをホームページに記している。だから専門家に見えた。シンプルにここがまず入口としてのポイントだ。ここでブログを書いていたら専門家とは思われなかっただろう。次のポイントが記事内容。その道のプロとしての記載内容があるか否か。ここで趣味や日々の出来事みたいなことを書いていたら何も起こらなかった。

 

ブログを書くというとそれなりになる。専門家コラムを書くとなると心構えが変わる。「日々見られていることがわかりました。ちゃんとした情報を発信しないとと意識が高まりました」取材オファーのメンバーはこんなことを言っていた。日々コラムを書く⇒だんだんと認知が上がる⇒記事を見られていることで意識が上がる⇒記事内容を磨く⇒専門性が上がる・・・という専門性アップの好循環が生まれている。

 

「ブログでなくコラムを書くこと」。そのことの重要性が伝わっただろうか?起業したらブログで情報発信すればいい・・・そんな短絡的な方法では決して上手くいかない。きちんと専門分野を立て、誰の困り事に対して役立つ情報を届けるのか?ビジネスの枠組みを決めてから取り組んでほしい。⇒ブログをはじめる6つの心得

 
専門家コラムがわかるセミナー ≫ target=”_blank”

体験授業に参加してみる 漠然と起業にモヤモヤしたあなたが、30分で自分サイズ身の丈起業を学べる 無料小冊子プレゼント

関連する投稿

現在の記事: 起業するにはブログでなくコラムを書こう

▼お役に立ったらご紹介シェアをお願いします▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で学ぶ起業コラム

⇑ PAGE TOP