起業のブログネタの見つけ方

2016.01.08 (金)

「毎日のブログネタをどうやって見つけているんですか?」「さあ、今日は何をブログで何を書こうか?とその場で考えているんですか?それとも何かに事前にまとめているんですか?」たまにこんな質問を受けます。ブログは情報発信の要です。量と質と継続が必要です。ネタ集めなしでは続かないですよね。

 

結論から言うと、「いつも自分の専門分野にアンテナを立てていて、降ってきたときその場でメモを残す」というのが僕流のやり方です。

 

歩いているとき、人と話しているとき、新聞を読んでいるとき、地下鉄の中刷り広告を見ているとき、本を読んでいるとき・・・いろんな場面で「起業について」は頭の片隅にあります。起業×○○で組み立てられないかなあ・・・と意識の中にあります。そうするとふとしたことでキーワードが降ってくるときがあります。そんな時はできるだけその場でキーワードをメモで残します。不思議なもので一度降ってきたものは二度と降ってこないからです。

 

特に本は新しい情報を仕入れる格好の場です。セミナーとか講演会に行かないと情報インプットができないと思ってしまいがちです。それなりに価値のある情報を得たいと思ったら、それなりの参加費を払う必要があります。その点、本は魅力的です。なぜなら本は著者の考えをギュッと一冊にまとめたものだからです。1500円前後でその人の考えを学ぶことができる、何度も確認することができるものなんてそうそうないですよね。

 

知り合いの講師は、新しいセミナーや講演プログラムを作るときに、共通キーワードの本を最低5冊読んでエッセンスを集め、自分の言葉にアレンジするという作業をしています。5人のその道の専門家の講義を受講したのと同じです。これも本からノウハウをつくるコツです。

 

逆の言い方をしたら、パソコンの前で何を書こうかとうなっていても全く手につきません。何か別のことをしているとき、身体を動かしているときの方がネタは降ってきます。おそらく脳が開放されているときの方がアイディアを出すのにいいんだと思います。

 

もう一つは天職塾メンバーや起業相談を受けているときの話の内容です。なかでも「質問があったこと」には意識を集中します。人はわからないことがあったらグーグルに質問しますよね?その答えの一つとして自分のコラムを見つけてもらうことが大切なんです。いくら内容の濃いコラムを書いても見つけてもらわないかぎりビジネスにはなりませんから。

 

天職塾ではブログと言わず「専門家コラム」と呼んでいます。起業家は専門家になることです。自分が専門家になるための基盤がブログ。なので専門家コラムです。自分がたのしんで面白がってつくる仕事です。たのしんで面白がって発信ネタを集めていきましょう。義務感でブログを書いても続かないですよ。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業のブログネタの見つけ方

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP