起業するためにブログを書く方法

2016.02.05 (金)

「起業準備でブログを書いた方がいいと聞きます。とりあえず興味のあるものとか毎日の出来事とかからでも書いていけばいいんですか?」こんな質問を受けました。答えはNO。ビジネスとしてブログを運用したいのなら思いつきはNGです。

 

起業家は専門家になることです。あなたが「○○の専門家」「○○の第一人者」と言われるものになると決めることです。そして決めた専門分野を必要とする人に役立つ情報を提供していきます。

 

専門家というと何やら大げさにきこえるかもしれません。実はそうではなく、ニッチで狭い分野を探してそこでの専門家を目指していきます。手間がかかるとか費用対効果が合わない理由で大手が決して手を出さないような分野です。「えっ?そんなことに専門家なんていたんだ・・・」そんなふうに言われるものこそGOODです。

 

次に決めた専門分野でビジネスプランをつくっていきます。ビジネスプランとは「だれを」「どうする」という2つの軸を決めることです。だれをは「顧客ターゲット」、どうするは「提供価値」と言います。

 

ビジネスブログで情報発信するには、この「専門分野」と「だれをどうする」が決まっていることが前提です。思いつきで発信しても誰の心にも刺ささらないし、そもそもブログを見つけてもらうことすらありません。

 

起業本を読んだり、起業セミナーに参加してブログを書くことが必要だと聞いて、とりあえず3ヶ月ブログを続けてみよう・・・そんなふうに思う人がいます。その人はしばらくしてブログを止めてしまいます。「毎日少しずつブログを書いてみたけど何の反応もないし面倒になっちゃった・・・」「ブログでビジネスなんて無理」ほぼこんな感想を言います。

 

専門分野とビジネスプランを決めずに、思いつきでブログを始めるとこうなります。無駄な労力だけでモチベーションを下げるだけで意味のない行動になります。行動には目的とブレない軸が必要です。これを逸してテクニックだけに走ってはいけません。

 

そもそも論ですが、あなたが読み手の立場で考えてみると答えはわかります。自分がほしい情報でもなく、ただどこの誰だか知らない人の日常が書いてあるものを読みますか?読まないですよね?自分が発信する側にまわるとついつい忘れてしまう落とし穴です。

 

自分がお客さまになってほしい人は誰なのか?その人はどんなことを知りたがっているのか、そのことに対して自分オリジナルでどんな情報提供ができるのか?これがすべてです。とりあえずや思いつきに走らないようにしてくださいね。

 
わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業するためにブログを書く方法

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP