40代女性起業相談「転職するか起業するか」

2016.01.18 (月)

40代女性の起業前モヤモヤ相談。「これまでいくつかの仕事を転々としてきました。40代を迎え、これから自分の人生もあるので、仕事をどうするかモヤモヤしています。このまま転職なのか、それとも自分で独立起業してやっていくのか?ぜんぜんまとまっていないんですがお聴きいただけますか?」こんな内容でした。

 

転職か起業か?仕事としては2択が出てきますよね。まず2択のメリット、デメリットを書いて整理してみることからはじめます。転職を選んだとき。メリットは収入が確保できます。デメリットは自分の思った通りのことができない、またどこかで行き止まりになってしまう。起業を選んだとき。メリットは自分の思ったことができるし、将来に行き止まりはありません。デメリットはお金の不安がついてまわります。こうして書いてみてどっちなのかを冷静に見ていきます。

 

40代を過ぎて「働き方」を決めることは、「生き方」を決めることにもつながっていきます。大切なことは自分の「未来」をどうしていきたいかです。目先のことだけにとらわれていると、またすぐに壁にあたってしまいます。年齢を重ねても自分でずっと仕事をしていたい、生涯現役を目指したいのなら起業という選択肢になります。

 

じゃあ、自分に何ができるの?ということになります。大した趣味もないし、一般事務畑でやってきただけで取り柄もない。そんな中で起業なんて・・・そんな気持ちになります。ここで発想転換をします。自分にとっては大したことがない経験でもそのことで救われる人が世の中にいるという視点です。

 

例えば派遣社員を長くやってきたという人の場合。「正社員をやっていないから何もできない」というのが普通に思うことです。弱みに感じるところです。ここで逆転の発想をします。「派遣社員をずっとやってきたからこそわかるものは何なのか?それは派遣社員をずっとやってきている人の気持ちや悩みがわかるということ」という感じです。

 

ビジネスは困っている相手の気持ちが自分事として理解できることが必要です。正社員でやってきた人には派遣社員でやってきた人の気持ちはわかりません。ここに強みになります。一見弱みにしか見えないことは実は強みに転じることができます。苦労は宝です。あなたが弱みだと思っていることを第三者に話してみてください。新たな気づきが生まれます。

 

40代女性にとって転職か起業かの働き方の選択はとても重要なタイミングです。一人で思い悩まず、まずは話をしてみましょう。思っていることを口に出してみましょう。口に出すことで自分はこう思っていたんだ!と気づくことができます。未来へ向けての最初の一歩はそこからはじまります。

 
起業準備モヤモヤ相談お申込はこちらから ≫

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 40代女性起業相談「転職するか起業するか」

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP