30代起業を自分サイズではじめる方法

「サラリーマンとしてそれなりにやってきた。先輩社員をみていて20年、30年先を想像するとぞっとする。あの人たちと同じようにはなりたくない」「会社の中でこんなことをやってみたいがなくなった、本気でやりたいことを見つけたい」「このまま会社任せの人生でいいんだろうか?」「仮に転職したとしても今と同じことになるんじゃないか?」「30代も終わりが近づいてきた。自分でやりたいことをやって、これから先の人生を歩んでいきたい」

 

「でも何から始めたらいいんだろう?」「独立起業?でもそんなこと自分にできるんだろうか?」「自分に何ができるんだろう?」「資格を取ったら独立できるの?」・・・30代は人生として新しい一歩を踏み出すのに転機になる悩みが多い年代です。どんな悩みがあり、それをどうバネにして起業へ向かうのか。ここでは30代の悩みの真っただ中にいたいくつかの実例をご紹介しています。

 

 

30代で大きく変わる会社での状況

会社

 
30代になると、会社の状況がほぼ全体として見えてきます。自分としてこうしたいという思いが出てきます。でもそこは組織の中、自分の思ったように事は進みません。自分の思ったことをやりたいようにやる、それには独立起業という選択肢が浮かんできます。でもいったい何から手をつけたらいいんだろう?起業の相談ってどこにしたらいいんだろう?セミナーに参加して相談しようにもまずどんなセミナーに出ればいいかわからない。そんな感じではないしょうか?30代のあなたはこれからの人生を見据え、いろいろと悩ましいところだと思います。

 

ひと口に30代といっても広いですね。ここでは大きく30代前半と後半で整理してみましょう。天職塾フリーエージェントアカデミーで起業準備活動をするメンバーさんの事例でお話ししていきますね。

 

32歳独身の起業相談事例

独身

 
では30代前半からはじめましょう。Aさんは32歳独身。結婚を控えるIT関係の企業に勤める会社員です。Aさんは学生時代にお弁当屋さんでバイトをした経験があります。そこで自分がオリジナルで作ったお弁当が店主に認められ、それが原体験として残っています。大学時代も飲食店関係のバイトに勤しみました。社会人になり、まったくの畑違いのIT関係の会社に勤務します。その後、転職を一度経験。その中で会社での理不尽さに直面。社員がいきいきと働ける職場を自らつくりたいという思いにかられます。そして元々好きだった飲食関係のビジネスに思いを寄せます。どうしたらいいんだろう?でも今ここでやらないと後悔する、そんな思いで起業相談にいらっしゃいました。

 

Aさんが本当にやりたいことは何なのか?ここを定めることが重要でした。Aさんがやりたいのは飲食店でした。でもいきなり未経験の飲食店開業にはリスクがあります。ステップを踏むことにしました。まず「好きなこと×情熱が傾けられること」の飲食とITで培ったアプリ開発のスキルを掛け合わせたビジネスを組み立てていくこと、飲食店にイベント企画提案をしていくこと、週末を利用して実際に現場経験をしていくこと、具体的なステップです。でもAさんのゴールは、やはり飲食店経営。世界を舞台にスタバを超えるようなお店を展開したいという大きな夢をもっています。

 

33歳既婚者の起業相談事例

家族

 
もう一人は33歳今村慎太郎さん。奥さんと3歳そして生まれたばかりのお子さん2人がいらっしゃいます。お子さんが生まれつきの食物アレルギー。食物アレルギーだと食べるものが制限されます。お子さんだけではありません。親の生活も一変しました。食物アレルギーのお子さんをもつ家庭はいろいろな意味で大変な思いをしています。この状況を何とかできないものか、それをビジネスにできないものか、そんな起業相談でした。

 

最初は自分の困り事解決がきっかけでした。やがて社会全体を変えていきたいという志に育っていきました。ビジネスプランを練り込み、問題意識と強い信念のもとNPO法人アレルギーっこパパの会を立ち上げました。社会起業ビジネスコンテストにも見事入賞し大手スポンサーを獲得、起業スタートしました。

 

こんな想いでスタートした今村さん。現在(2016.7月現在)独立起業4年目に入りました。食物アレルギー対策コンサルタントとして大手企業数社と仕事をしています。誰もが知る名だたる会社が並びます。最初の1~2年は厳しそうでした。大手企業に必要性を説いてまわる段階、お金になるものはほとんどなかったからです。でもここを不退転の思いで乗り切り、今は食物アレルギー対策の第一人者になっています。

 

「30代前半、今やらないでいつやるのかという思いです。もしも起業が軌道に乗らなかったとしても、またどこかに勤めて働けばいいと思っています。まずはこの1~2年一生懸命やってみたいと思います。たった一度の人生、悔いの残らないように生きてみたいです」今でも思い出す一本軸をもった今村さんの力強い言葉です。

 

39歳独身の起業相談事例

ビジネス成功

 
つづいて30代後半の事例です。Sさんは39歳独身。数回の転職を経験、中堅企業で経営層にも近づき、会社としての中枢部分にも携わるようになりました。そこで生まれてくるのは、会社の不安な将来。そしてもしかしたら自分でもできるんじゃないか?という思い。数年前から「独立起業」という文字が頭をよぎりはじめます。そう思いながらも、日常の仕事の忙しさにかまけ、気がつけば2年、3年という時間が過ぎていました。ふと気がつくと39歳。40歳という人生の節目が目の前です。

 

「このままサラリーマンで人生を終えていいんだろうか?」「今このタイミングでやり始めないと後悔することになる」Sさんは学生時代に東南アジアに初の旅行に行きました。陸路縦断などをする中でアジア特有の空気感が脳裏に刻まれます。この体験からその後アジアへ何度も足を運ぶことになります。いつか海外でビジネスがしたい!その思いにかられるようになりました。

 

そんなある日、起業セミナーに参加しました。そこには刺激がありました。今までにない新鮮なものでした。個別相談を受け、何となくやれそうなイメージもできました。「自分がやりたいこと、好きなこと、心から情熱が傾けられることを仕事にしよう。よし、できることからやってみよう!期限は1年!」Sさんは起業スクールのメンバーに加わりました。仲間との切磋琢磨で、ずっとやりたかった海外ビジネスを始めるための起業準備をスタートしました。

 

「自分が経営者になったら、日本だけにビジネスを限定せずさまざまな事業展開をして面白い人生が送れるんじゃないか。一度きりの人生、自分とって充実感を味わえることと面白いことをしてみたい、それができる手段が起業すること」Sさんは、今は前に突き進むことしか考えていません。

 

30代だからこそわかる自分が本当にやりたかったこと

進路
 
「サラリーマンとしての人生は見えてきた。自分が本当にやりたかったことは何なのか?もしかしたらあの時の原体験の中にあったものじゃないんだろうか?それを仕事にすることはできないものか?やるとしたらチャレンジは今しかできない・・・」

 

これが30代3人の思いの共通点です。あなたがもし今モヤモヤを感じているのなら、それはすばらしいことです。モヤモヤを感じるということは、前進するための前段階だからです。現状に問題意識をもっていない人にモヤモヤは生まれません。まずそのモヤモヤを書き出してみましょう。自分の人生をどうしていきたいのか?あなたの内なる声をしっかり受け止めてみること。自己実現したいのなら何をすべきなのか?を明確にしてください。

 

解決の一歩は一人で考えず第三者と話すこと

会話

 
そして次にそれを信頼の置ける第三者に話してみることです。書くことで頭の整理ができます。話すことでさらに頭の整理ができます。「自分ってこんなことを考えていたんだ」自分の話す声を聴くと不思議な感覚を覚えます。でもそうして口にすることで具体的になります。そして相手からフィードバックをもらってください。自分が考えもつかなかったことを言ってくれることでしょう。自分では気づかない自分の強みというものがあります。信頼できる第三者に話すことでしか見つかりません。真摯に受け止めてください。

 

30代は人生にとってとても大切な転機でありタイミングです。後半戦の人生を自分でつくっていきたいのなら、まず小さな第一歩を踏み出してみましょう。最初の一歩は勇気が要ります。でも踏み出すことで見える世界が変わっていきます。

 
わくわく自分サイズ起業入門セミナーはこちらから ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

自分サイズ起業がわかるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP