起業して天職を見つける方法~出版社かわら版から

2017.02.15 (水)

拙著「好きなことで起業できる」。この一冊を通じて弊アカデミー事業は大きく舵を切ったのを思い出す。当時、明日香出版社さんのかわら版に「起業のススメ」という記事で掲載いただいたことがある。明日香さんは人の温もりが感じられる素晴らしい職場。もう2年以上前の記事だ。その記事がひょっこり出てきた。今読み返し原点回帰している。

 

————————

起業のススメ

「将来が不安」「やりがいがない」「不完全燃焼」「自分らしく生きられていない」漠然と起業してみたい。でも会社は辞められないし・・・こんな思いの中にいませんか?きちんとした手順を踏めば、「モヤモヤ」は「これから」に変えることができます。小さな第一歩を踏み出してみましょう。

 

なぜ多くの人の起業を応援するのか?

サラリーマン生活23年。大企業、ベンチャー、中小企業。部長職から平社員。エリートからパワハラ。これが私の経験です。大企業にいるときは世の中すべてをわかったような気になっていました。独立してそれがどんなに狭い世界だったかを知りました。会社員で終える人生と自分が切り拓く人生では雲泥の差があります。人生の厚みの差です。サラリーマン一辺倒だった過去から独立して得た数え切れないもの。人生価値を100倍にしました。この世界を一人でも多くの人に知ってもらいたい、その一心でこの仕事をしています。

 

「特別な人がやること」「一か八か」「失敗したら落伍者」「二度と再生できない」起業という言葉にはこんなイメージがつきまといます。でも現実は違います。大きくやろうとするのではなく、身の丈ではじめ、正しい手順で確実に積み上げていけばリスクは最小限に抑えられます。起業のハードルをもっと下げて、一人でも多くの人に生き生きとした毎日をつくっていってほしい、そう強く思います。一人ひとりが活力をもてば、日本はもっともっと元気な国になります。まちがいありません。

 

起業家とは、「心からたのしいと思える仕事を自分でつくりだす人」です。起業という字は、業を起こすと書きます。仕事をつくりだすという意味です。今、世の中にある仕事ではありません。自分だけの仕事です。世界にたった一つの肩書きをつくろう!そんな思いで天職塾の仲間は起業へ向け突き進んでいます。

 

天職塾の卒業生には、好きなことを仕事に力強く生きている人たちがいます。森さんは公務員(元刑事)でした。自分がいったい何がしたいのか、かなり悩みました。一緒になって宝物を探しました。棚卸しの結果、話すこと、伝えることが心から好きなことだとわかりました。そして元刑事というブランディングを立て、今ではメディアに引っ張りだこの講演家として大活躍しています。「毎日がたのしい!」森さんの口癖です。まさに好きなことで天職をつくりだした成功事例です。

 

なぜ「好きなこと」で起業なのか?

好きなことで起業する理由は2つあります。一つは、何のために起業するのかという原点です。儲かりそう、需要がありそう、そんな動機もあるでしょう。でもこれは長続きしません。目指すは、究極の自己実現です。そのための手段が起業です。自分がやりたいことを形にする。ゼロからつくりだしていく。その方が断然たのしいです。

 

2つ目は継続です。起業には情熱が必要です。一時の情熱は誰もがもちます。大切なのはそれが継続できるものであること。自分がやりたいことを実現するにはたのしいことばかりではありません。プロセスには苦労やつらいこともあります。そんな苦労も苦労と感じない心底好きなことを軸にします。

 

心底好きなことはそうそう見つかりません。これかなあと思ったら方向を決め行動をはじめること。アンテナが立っていたら自分のまわりに必要なものが集まってきます。動きながらこれ!というものをかためていけばいいのです。起業成否のものさしは事業が継続していることです。続けるために心から好きなことを軸にしていきましょう。

 

起業で収入を得るには3階建ての組み立てが必要です。Lovework(やりたいこと)、Likework(できること)、Ricework(生計を立てること)の3つです。Lovework、そう愛すべき仕事、誇れる仕事を自分の手でつくりだしていきませんか。

 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業して天職を見つける方法~出版社かわら版から

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

自分サイズ起業がわかるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP