起業準備中に不安になると資格が取りたくなる!?

2017.02.17 (金)

起業準備をしているといろんな不安にさいなまれる。自分なりにビジネスプランづくりがかたまってくると出てくる不安がある。「他にもたくさん同じようなことをしている人がいるのに、自分なんかを選んでもらえるんだろうか・・・」「実績もないのに信用してもらえるんだろうか・・・」こんな感じの不安だ。

 

結論から言おう。起業準備中に不安になったからといって、資格取得に走ることはNGだ。資格を取ったからといって自分のビジネスにはたいして効果が出ない。資格取得コースをやっている会社に収益貢献するだけだ。

 

実際はどんな行動をとるか?不安を解消するため何をしようとするだろうか?それが資格取得だ。実績がないから資格の一つでももっていないと信用してもらえないのではないか?という考えだ。一度考え始めるともう止まらなくなる。資格、資格といつも頭の中を巡る。そんな中体験セミナーなどに参加して思わず資格取得講座を申し込んでしまう。受講料ウン十万円もするのに。こんな人が絶えないから資格ビジネスが儲かる仕組みになっているわけだ。

 

例えばよくあるものが心理カウンセラーだ。心理カウンセラーには国家資格がない。カウンセラーと名乗ってしまえばそれで仕事ができる世界だ。カウンセラーで起業準備中の人は他にもたくさんいるカウンセラーと比較されることに不安を感じる。自信がないから何か資格をつけたくなる。NLPなどがその最たるものだ。そこで講座を申し込む・・・こんなケース。

 

実は僕自身がこの悪循環にはまってしまった一人だ。人と向き合う仕事をする。でも資格一つ持っていない。これでは信用してもらえないだろう。当時流行っていたコーチングにするか、それとも他のものにするか?そんなときNLPを知った。NLPならコーチングはもちろんカウンセリングの技術も習得できでお得・・・という触れ込みにつられすぐ申込、40万円近くを払った。

 

そして全10回講座に通ってもらった資格をうれしそうに名刺に書いたのを覚えている。でもその後資格があったから仕事になったというものはゼロに等しい。名刺やチラシに資格が書ける単なる自己満足にしかならなかった。もちろんそこで学んだことが役に立っていないとは言わない。ただ実際に必要なスキルはお客さまと接する中でこれではないことがわかった。それから学べばよかったと後悔した。

 

もし資格を取得したとしてもプロフィールや名刺に書けるだけ。ないよりあった方がいいかもしれない。でもクライアントになる人は資格をみて相談を依頼するのではない。「この人は自分の今の状況をきちんと受け止めてくれる人なのだろうか?」という点が一番重要になる。このことを忘れないことだ。

 

資格取得はお金が掛かる。資格にお金を掛けるくらいなら実ビジネスに費用を掛けてほしい。例えばビジネスの生命線になる集客。それを司るホームページ育成に投資すべきだ。資格は実際にお客さまと対面してみて「この現場ならこんな資格やスキルがあった方がいい」と感じたときに取得した方がダンゼン良い。起業したけど資格オタクでビジネスがまわってない。そんな事態にならないよう心に留めておいてほしい。

 

起業準備に必要なことがわかるセミナー ≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備中に不安になると資格が取りたくなる!?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

メンバー専用ページ

ログインする

ID・パスワードを忘れた方はこちら

ご入学がまだの方はこちらから

ご入学のお申し込み

必読!最速で理解できるコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP